豆腐プロレス予習と復習

豆腐プロレスはAKB48グループの女子高生プロレスドラマです。

限りなく本物に近かったセミファイナル

8月29日に開催された❝豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX❞にて、ユンボ島田&クイウチ松村の工事現場同盟は、セミファイナルでWWZ最強コンビと対戦しました。

 

WWZというのは世界的規模の女子プロレス興行団体の設定です。

 

そんなWWZからの刺客はデビー・コング&シェリー・ヤマナカの最強ペア。

 

実はこの2人は本物の女子プロレスラーなのです。

 

f:id:besgac11re:20170901213630j:plain

 

ハリウッドJURINAのデビー・コング戦はドラマのカメラワークでしたが、工事現場同盟はよくまあ本物相手にナマで戦いましたね。

 

その勇気に拍手を送りたい。

スポンサードリンク
 

より本物のプロレスに近づけたいミラノさんの意気込み?

 

セミファイナルはインターナショナル スペシャルタッグマッチということでしたが、これが豆腐プロレスのリアル興行の中で、一番本物のプロレスに近かったような気がします。

 

セコンドのブラックベリー向井地とボイス山田の役回りも、本物のプロレス興行にありがちなヒールっぽかった。

 

f:id:besgac11re:20170901213703j:plain

 

ヒールはなぜか結束するんですよね。

 

工事現場同盟がピンチに陥れば、すぐさま救出のためリングに駆け上がるボイス山田の動きなんか、ヒールのセコンドそのもの。

 

ブラックベリー向井地はシェリーヤマナカに目つぶし用の白粉を投げつけましたね。

 

よく訓練しているなと感じました。

 

セコンド陣のさりげない所作までが本物に近いです。

 

f:id:besgac11re:20170901213727j:plain

 

相手はそれなりに手加減していたんだろうけど、それにしてもすごかった。

 

本物のプロレス興行の前座の試合よりは感動しました。

 

プロレスとはこういうものです。

 

高いチケット代に見合う満足を得ることができれば、勝敗は二の次でいいんです。

スポンサードリンク
 
スポンサードリンク